ようこそ、ヌードルサイトです。麺(めん)と出汁(だし)、そして、本格派ラーメンのプロ仕様を自宅で実現出来ます。

レシピ

レシピ

激辛つけ麺レシピ


トッピング

トッピング

まずは具財の準備からです。キャベツを食べやすい大きさに切り、
軽く湯がいたものに、ネギの細切、きゅうり/チャーシューを準備してください。

つけダレ皿

つけダレのお皿をご用意ください。

つけだれ皿






つけダレ完成

同封のスープを器に移してください。同封の薬味(辛味パウダー、ごま、ラー油)でお好みのつけダレにできます。

つゆ














鍋の準備

鍋

大きめの鍋に多めの水をはり沸騰させてください。




解しながら湯がく

解し

しっかり沸騰したお湯に麺を軽くほぐしながら投入します。箸などで軽くほぐしながら約2~3分程度湯がきます。
(硬さはお好みで調節してください。)

麺を絞める

ザル

素早くザルにうつし冷水、もしくは
冷水で冷やして麺をしめていきます。



麺盛り

麺盛り

用意した平皿によ水分をきった麺をもります。




完成!!

用意した具財をのせて完成です。つけダレを暖かくしても美味しくいただけます。
完成



おやじの屋台レシピ


お湯の準備

大きめの鍋に多めの水をはり沸騰させてください。

鍋






出汁の準備

広島ラーメンの味を忠実に再現したあっさり、コク旨の豚骨醤油スープ「おやじの屋台」を使用します。

出汁






丼の用意

一般的なラーメン丼皿を用意ください。お湯などで丼皿を温めておくと熱々の
ラーメンがいただけます。

器






出汁

お湯が沸騰する頃にスープの準備にとりかかります
スープ素を丼皿にいれます。
(スープを袋ごと少し温めておくと出しやすくなります。)

出汁器






スープのお湯

スープのお湯は300mlご用意ください。

出汁湯






スープの完成

300mlの熱いお湯でといた豚骨醤油のスープになります。

スープ完成

麺の湯がき

しっかり沸騰したお湯に麺を軽くほぐしながら投入します。
箸などで軽くほぐしながら約1分45秒湯がきます。
(硬さはお好みで調節してください。)

解し






水切り

茹で上がった麺をザルにあげしっかりと水分をきってください。

ザル






スープと麺合わせ

用意したスープに麺を入れ軽くほぐします。

麺出汁






トッピング

今回用意した具財は、ネギ・もやしメンマ・チャーシューと、広島ラーメンの代表的な具財を用意しました。もやしは軽く湯がいています。

トッピング






完成!!

トッピング材料をのせて、本格的な広島ラーメンの完成です。
ご家庭で簡単に本格広島ラーメンをご堪能ください。
今回は茹で玉子をのせてみました。

完成
トッピングにお好みで、キムチや炒め野菜、豚肉などをトッピングされますと、オリジナルの味がお楽しみになれます。
是非、おためしくださいませ。


美味しいラーメン作りのポイント
出来るだけ多めのお湯で湯がいてください。
湯がいた麺は素早く水をきりスープに入れてください。



みそラーメンレシピ


お湯の準備

大きめの鍋に多めの水をはり沸騰させてください。

鍋




丼の用意

一般的なラーメン丼皿を用意ください。お湯などで丼皿を温めておくと熱々のラーメンがいただけます。

器




出汁の準備

同封の味噌ラーメンスープの素をお皿に移して準備しておきます。

出汁丼






スープのお湯

スープのお湯は300mlご用意ください。

出汁湯






具材

味噌ラーメンに入れる具財をフライパンで炒めて起きます。
お好みでキャベツや豚肉、その他魚介類を一緒にいためても良いでしょう。

具材






麺の湯がき

しっかり沸騰したお湯に麺を軽くほぐしながら投入します。箸などで軽くほぐしながら約2~3分程度秒湯がきます。(硬さはお好みで調節してください。)

解し






水切り

茹で上がった麺をザルにあげしっかりと水分をきってください。

ザル






スープの完成

300mlの熱いお湯でといた味噌スープになります。
画像の説明

スープと麺合わせ

用意したスープに麺を入れ軽くほぐします。

画像の説明








完成!!

炒めた具財にネギ/チャーシューなどを添えて出来上がりです。
みそ完成

美味しいラーメン作りのポイント
出来るだけ多めのお湯で湯がいてください。
湯がいた麺は素早く水をきりスープに入れてください。

冷やし中華レシピ

激辛つけ麺レシピを参考になさってください。

麺の種類、トッピングが違います。
従って、ゆで加減、出汁が違ってきます。

トッピングはお好みに合わせてお選びください。

完成!!

冷やし中華

美味しいラーメン作りのポイント

出来るだけ多めのお湯で湯がいてください。
湯がいた麺は素早く水をきりスープに入れてください。

a:4552 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional