ようこそ、ヌードルサイトです。麺(めん)と出汁(だし)、そして、本格派ラーメンのプロ仕様を自宅で実現出来ます。

不思議な少年!! その10

不思議な少年!! その10

サロメの教訓!! 


 意味深である。難解でもある。真理は東洋も西洋もないようである。難解でも、素直に読んでいると、分かる。易経も同じような事を言っている。宇宙創生の理と捉えると、意味深である。
 サロメが何者か? 詮索しても分からない。教師のひとりには違いない。何しろ、アカシックレコードの秘録であるとして、読んで頂きたい。キリストの意味が明かされている。

B0086362_2323754



 サロメはその日の教訓を教える。彼女は言う、


「時代はいつも等しくはありません、今日男性の言葉は最大の偉力があろうが、明日は女性が最上の教訓を垂れます。世を渡るにあたり、男女は共に手を携えて行かねばなりません。一万は片方がなければ半分に過ぎません。めいめいになすべき仕事があります。

 しかし万物が教えてくれます。何事にも一定の時期と季節があります。太陽と月には人々に対して、それぞれの教訓があります。しかし、いずれも一定のきまった時期に教えます。太陽の教訓を月の季節に与えれば、人の心に流れ浮ぶ枯葉のように落ちるばかり。月とすべての星の教訓も同様です。


 今日或る人は失望落胆して憂愁(うれい)に打ち沈み、翌日その人が歓喜に溢れます。今日天が幸福と希望に満つる思い、明日は希望は失せ、計画も目的も無くなる。今日は足許に踏む土地を呪いたくなり、明日は愛と讃美で心が一杯です。今日わが愛する子を憎み、叱ったり、うらんだり、ねたんだりし、明日はわが肉の自我を超越し、歓喜と善意を洩らします。


 人々は幾度となくどうしてこのように高低処(ところ)を変え、喜怒哀楽がこもごもすべての人に起るか不思議に思います。しかし、人々はどこにも神の定めた仕事にいそしむ教師があり、みな真理を人々の心に植えつけようとしていることに気がつかない。しかし、これは事実で、人は誰でも必要な教訓を受けています。」


 そこでマリヤは言った、「わたしは今日元気旺盛です。思想、生命全体が昂揚しているようです。どうしてこんなに霊感に溢れているのでしょうか。」


 サロメ、「今日は昂揚の日、礼拝讃美の日、多少でもわれらの父神を知る日です。それでは、一位、三位、七位の神を学びましょう。全世界が形の出来る前、万物は一体、正しい霊、普遍の聖気でした。そして聖気が呼吸し、形なきものが天の火と思想、父神と母神となりました。そして、天の火と思想が一緒に呼吸した時、その子、ひとり子が生れました。この子を人々がキリストと呼んだ愛です。


 人々は天の思想を聖気と呼びます。美、して三位一体の神が呼吸すれば、見よ、七つの霊が王座の前に立ち、これがエロヒム、宇宙創造の霊です。この霊が人問を造ろうではないかと言ったので、人問はその姿に造られました。天地草昧(そうまい)の頃、遥東(はるかひがし)の人々は、大道とは普遍宙霊気の名なりと言い、古書を読めば、『大道には何ら表現の形なく、しかもこれが天地を造りて守る。大道に何ら情感なきも、日月星辰を出没さす。大道に名なきも、万物を生育させ、季に応じて播種収穫の時を行う。


 大道は一位であったが、一位は二位となり、二位は三位となり、三位は七位を生じて宇宙をあまねく表現す。大道は万物に善悪、雨露、日光、花卉を与え、その豊かなる貯蓄からこれらすべてを養う。』


 またこの同じ古書には人間についてこう言っている、『人間には大道につながる霊あり、大道の七霊気の中に住む魂あり、肉の土地より生ずる情欲の体あり。』

 さて、霊は純潔なもの、善きもの、真なるものを愛し、情欲の体は利己的な自我をほめたたえる。魂は両者間の戦いの場となる。霊が勝ち、低き自我が清められた者、魂に汚れなく、大道を現わす会議室となるにふさわしき者は幸福です。」


 

 これで、サロメの教訓は終わった。


 

【宝瓶宮福音書:栗原 基訳】


第三部ゾアンにあるマリヤとエリサベツの教育

 

 

第九章 サロメの教訓。男性と女性。人間の気分の哲理。三位一体の神。七位。道神。


1)サロメはその日の教訓を教える。彼女は言う、「時代はいつも等しくはありません、今日男性の言葉は最大の偉力があろうが、明日は女性が最上の教訓を垂れます。

2)世を渡るにあたり、男女は共に手を携えて行かねばなりません。一万は片方がなければ半分に過ぎません。めいめいになすべき仕事があります。

3)しかし万物が教えてくれます。何事にも一定の時期と季節があります。太陽と月には人々に対して、それぞれの教訓があります。しかし、いずれも一定のきまった時期に教えます。

4)太陽の教訓を月の季節に与えれば、人の心に流れ浮ぶ枯葉のように落ちるばかり。月とすべての星の教訓も同様です。

5)今日或る人は失望落胆して憂愁(うれい)に打ち沈み、翌日その人が歓喜に溢れます。

6)今日天が幸福と希望に満つる思い、明日は希望は失せ、計画も目的も無くなる。

7)今日は足許に踏む土地を呪いたくなり、明日は愛と讃美で心が一杯です。

8)今日わが愛する子を憎み、叱ったり、うらんだり、ねたんだりし、明日はわが肉の自我を超越し、歓喜と善意を洩らします。

9)人々は幾度となくどうしてこのように高低処を変え、喜怒哀楽がこもごもすべての人に起るか不思議に思います。

10)しかし、人々はどこにも神の定めた仕事にいそしむ教師があり、みな真理を人々の心に植えつけようとしていることに気がつかない。

11)しかし、これは事実で、人は誰でも必要な教訓を受けています。」

12)そこでマリヤは言った、「わたしは今日元気旺盛です。思想、生命全体が昂揚しているようです。どうしてこんなに霊感に溢れているのでしょうか。」

13)サロメ、「今日は昂揚の日、礼拝讃美の日、多少でもわれらの父神を知る日です。

14)それでは、一位、三位、七位の神を学びましょう。

15)全世界が形の出来る前、万物は一体、正しい霊、普遍の聖気でした。

16)そして聖気が呼吸し、形なきものが天の火と思想、父神と母神となりました。

17)そして、天の火と思想が一緒に呼吸した時、その子、ひとり子が生れました。この子を人々がキリストと呼んだ愛です。

18)人々は天の思想を聖気と呼びます。

19)美、して三位一体の神が呼吸すれば、見よ、七つの霊が王座の前に立ち、これがエロヒム、宇宙創造の霊です。

20)この霊が人問を造ろうではないかと言ったので、人問はその姿に造られました。

21)天地草昧(そうまい)の頃、遥東(はるかひがし)の人々は、大道とは普遍宙霊気の名なりと言い、古書を読めば、

22)『大道には何ら表現の形なく、しかもこれが天地を造りて守る。

23)大道に何ら情感なきも、日月星辰を出没さす。

24)大道に名なきも、万物を生育させ、季に応じて播種収穫の時を行う。

25)大道は一位であったが、一位は二位となり、二位は三位となり、三位は七位を生じて宇宙をあまねく表現す。

26)大道は万物に善悪、雨露、日光、花卉を与え、その豊かなる貯蓄からこれらすべてを養う。』

27)またこの同じ古書には人間についてこう言っている、『人間には大道につながる霊あり、大道の七霊気の中に住む魂あり、肉の土地より生ずる情欲の体あり。』

28)さて、霊は純潔なもの、善きもの、真なるものを愛し、情欲の体は利己的な自我をほめたたえる。魂は両者間の戦いの場となる。

29)霊が勝ち、低き自我が清められた者、魂に汚れなく、大道を現わす会議室となるにふさわしき者は幸福です。』

30)これで、サロメの教訓は終わった。


【原文:The Aquarian Gospel of Jesus by Levi H. Dowling  


SECTION III

GIMEL

Education of Mary and Elizabeth in Zoan

 

CHAPTER 9

 

Salome's lessons. The man and the woman. Philosophy of human moods.
The triune God. The Septonate. The God Tao.

SALOME taught the lesson of the day. She said,
All times are not alike. Today the words of man may have the greatest power; tomorrow woman teaches best.
2) In all the ways of life the man and woman should walk hand in hand; the one without the other is but half; each has a work to do.
3) But all things teach; each has a time and a season for its own. The sun, the moon have lessons of their own for men; but each one teaches at the appointed time.
4) The lessons of the sun fall down on human hearts like withered leaves upon a stream, if given in the season of the moon; and so with lessons of the moon and all the stars.
5) Today one walks in gloom, downhearted and oppressed; tomorrow that same one is filled with joy.
6) Today the heavens seem full of blessedness and hope; tomorrow hope has fled, and every plan and purpose comes to naught.
7) Today one wants to curse the very ground on which he treads; tomorrow he is full of love and praise.
8) Today one hates and scorns and envies and is jealous of the child he loves; tomorrow he has risen above his carnal self, and breathes forth gladness and good will.
9) A thousand times men wonder why these heights and depths, these light hearts and these sad, are found in every life.
10) They do not know that there are teachers everywhere, each busy with a God-appointed task, and driving home to human hearts the truth.
11) But this is true, and every one receives the lessons that he needs.
12) And Mary said,
Today I am in exaltation great; my thoughts and all my life seem lifted up; why am I thus inspired?
13) Salome replied,
This is a day of exaltation; day of worship and of praise; a day when, in a measure, we may comprehend our Father-God.
14) Then let us study God, the One, the Three, the Seven.
15) Before the worlds were formed all things were One; just Spirit, Universal Breath.
16) And Spirit breathed, and that which was not manifest became the Fire and Thought of Heaven, the Father-God, the Mother-God.
17) And when the Fire and Thought of heaven in union breathed, their son, their only son, was born. This son is Love whom men have called the Christ.
18) Men call the Thought of heaven the Holy Breath.
19) And when the Triune God breathed forth, lo, seven Spirits stood before the throne. These are the Elohim, creative spirits of the universe.
20) And these are they who said, Let us make man; and in their image man was made.
21) In early ages of the world the dwellers in the farther East said, Tao is the name of Universal Breath; and in the ancient books we read,
22) No manifesting form has Tao Great, and yet he made and keeps the heavens and earth.
23) No passion has our Tao Great, and yet he causes sun and moon and all the stars to rise and set.
24) No name has Tao Great, and yet he makes all things to grow; he brings in season both the seed time and the harvest time.
25) And Tao Great was One; the One became the Two; the Two became the Three, the Three evolved the Seven, which filled the universe with manifests.
26) And Tao Great gives unto all, the evil and the good, the rain, the dew, the sunshine and the flowers; from his rich stores he feeds them all.
27) And in the same old book we read of man: He has a spirit knit to Tao Great; a soul which lives within the seven Breaths of Tao Great; a body of desires that springs up from the soil of flesh.
28) Now spirit loves the pure, the good, the true; the body of desires extols the selfish self; the soul becomes the battle ground between the two.
29) And blessed is the man whose spirit is triumphant and whose lower self is purified; whose soul is cleansed, becoming fit to be the council chamber of the manifests of Tao Great.
30) Thus closed the lesson of Salome.【続く】


認証コード(3900)

a:792 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional