ようこそ、ヌードルサイトです。麺(めん)と出汁(だし)、そして、本格派ラーメンのプロ仕様を自宅で実現出来ます。

不思議な少年!! その42

不思議な少年!! その42

イエス、ひとりの小児信仰の大なる教訓を伝える!!


 信仰の力。


 信仰は心の裡なるものである。其処此処にある対象物とか、時とか、場所を問うものではないはずである。その事を幼子の言葉は、強烈に指し示している。で、イエスは驚嘆し、思わず抱き上げた。

Img_1113

こういう季節その④記事には無関係>


 イエスは驚嘆したのではない。見抜いていたはずである。が、驚嘆した。それはその事を群衆に悟らせるために、驚嘆したのであろう。

 ともすれば、人間は他力に走り、外に信仰の対象を求める。そうではない。心の裡にその本質がある。何故そうなるか? 心の裡は目に見えない。神は決して見えないのである。見えないものを信仰すると言うことは難しい。空気も見えない。それがあるから、人間は生きていける。既に、生きていると言うことは信仰しているからである。


 信仰なんて必要ない。ともって生きている人は多い、しかし、本当にそうであろうか。生きていると言うことは、無意識の裡に、日夜、自律的に活動しているからではないか。これは否定出来ない。生きると言うことは、紛れもなく信仰あるが故である。。 


 

イエスいやしの泉のかたわらに立つ。信仰が治療の主因なること、また、人々は信仰によっていやされることを.説く。ひとりの小児信仰の大なる教訓を伝える。

 

 いやしの泉と呼ばれている泉がペルセポリスの近くにあった。人々は、一年の一定の時期に、神が下って来て、この泉水に霊験を授け、その時これに入ってからだを洗えば、病気がなおると考えられていた。

 泉のほとりには、多くの人々が来て、聖なる神が来て泉水に効能の現われるのを待ち構えていた。めくら、足なえ、つんぼ、おし、そのほか精神病患者などが集まっていた。


 イエスは彼らのまんなかに立って叫んだ、「生命の泉を見よ。こんなききめのない水をあなたがたは神の特別な祝福だとあがめているが、治療の力はどこから来るか。なぜあなたがたの神は、その賜物にそんなに不公平なのか。なぜ今日この泉を祝しながら、明日は全くその祝福を取り去るのか。

 力ある神なら、毎日ききめある水を満たし得る筈だ。

 聞け、あなたがた、病める人、悲しむ人々よ、この泉のききめは何も神の特別な賜物ではない。信仰にはこの泉水の一滴一滴のききめがある。この信仰の泉水で洗えば元気になると心をこめて信ずる者は、洗えば元気になり、そしていつでも洗えます。

 神を信じ自分自身を信ずる者は、即刻この泉に身を入れて洗うがよい。」


 すると、澄んだ水に身を投じて元気になった人々が多かった。それから、人々はわれさきにとやって来た。彼らは信仰にはげまされ、水のききめが無くならぬうらにと、先きを争って水にとびこんだ。


 その時、イエスはいかにもかよわそうな元気のない気の毒な女の子がひとり、怒濤の勢いでやって来る群集から離れていて、誰もこの子を泉に入れようとする者のないことを見た。

 イエスは言った、「あなたは、なぜじっとして待っているの? いそいで泉に入って洗って、丈夫にならないのか。」

 女児、「急がなくてもよいのです。わが天の紳さまのおめぐみは、小さなコップで量られません。神さまのおめぐみには間違いはありません。そのききめはいつまでも変わりませんもの。信仰の弱い人たちは、信仰が弱くなるのを心配して急ぎます。そしてみんないやされたのです。この水はわたしにも屹度ききめがありましょう。

 それで、わたしは、ゆっくりゆっくり行って泉のめぐみの水にひたることができます。」


 すると、イエスは言った、「えらい魂を見よ、彼女は信仰の力をみんなに教えるために地上に来た。」

 それから、イエスはこの女の子を抱き上げて言った、「何を待っていますか。呼吸する空気そのものが生命の香気で一杯です。信仰で生命の香気を吸って元気になりなさい。」

 女の子は信仰によってこの生命の香気を吸って元気になった。


 人々はこの目前に見聞したことに全くびっくりした。彼らは、「この先生は屹度健康の神様が肉体となったに相違ない」と言った。


 イエスは言った、「生命の泉は小さな水溜(みずたまり)ではない。天が広いように広いものだ。泉の水は愛である。信仰が力である。生きた信仰によって生きた泉に深くとびこむ者は、身の罪を洗い清めて完全になり、罪から解放されます。」

 


【宝瓶宮福音書:栗原 基訳】

             

             第八部 ペルシャでのイエスの生活と行動 

第四十一章 イエスいやしの泉のかたわらに立つ。信仰が治療の主因なること、また、人々は信仰によっていやされることを.説く。ひとりの小児信仰の大なる教訓を伝える。

1)いやしの泉と呼ばれている泉がペルセポリスの近くにあった。

2)人々は、一年の一定の時期に、神が下って来て、この泉水に霊験を授け、その時これに入ってからだを洗えば、病気がなおると考えられていた。

3)泉のほとりには、多くの人々が来て、聖なる神が来て泉水に効能の現われるのを待ち構えていた。

4)めくら、足なえ、つんぼ、おし、そのほか精神病患者などが集まっていた。

5)イエスは彼らのまんなかに立って叫んだ、「生命の泉を見よ。こんなききめのない水をあなたがたは神の特別な祝福だとあがめているが、

6)治療の力はどこから来るか。なぜあなたがたの神は、その賜物にそんなに不公平なのか。なぜ今日この泉を祝しながら、明日は全くその祝福を取り去るのか。

7)力ある神なら、毎日ききめある水を満たし得る筈だ。

8)聞け、あなたがた、病める人、悲しむ人々よ、この泉のききめは何も神の特別な賜物ではない。

9)信仰にはこの泉水の一滴一滴のききめがある。

10)この信仰の泉水で洗えば元気になると心をこめて信ずる者は、洗えば元気になり、そしていつでも洗えます。

11)神を信じ自分自身を信ずる者は、即刻この泉に身を入れて洗うがよい。」

12)すると、澄んだ水に身を投じて元気になった人々が多かった。

13)それから、人々はわれさきにとやって来た。彼らは信仰にはげまされ、水のききめが無くならぬうらにと、先きを争って水にとびこんだ。

14)その時、イエスはいかにもかよわそうな元気のない気の毒な女の子がひとり、怒濤の勢いでやって来る群集から離れていて、誰もこの子を泉に入れようとする者のないことを見た。

15)イエスは言った、「あなたは、なぜじっとして待っているの? いそいで泉に入って洗って、丈夫にならないのか。」

16)女児、「急がなくてもよいのです。わが天の紳さまのおめぐみは、小さなコップで量られません。神さまのおめぐみには間違いはありません。そのききめはいつまでも変わりませんもの。

17)信仰の弱い人たちは、信仰が弱くなるのを心配して急ぎます。そしてみんないやされたのです。この水はわたしにも屹度ききめがありましょう。

18)それで、わたしは、ゆっくりゆっくり行って泉のめぐみの水にひたることができます。」

19)すると、イエスは言った、「えらい魂を見よ、彼女は信仰の力をみんなに教えるために地上に来た。」

20)それから、イエスはこの女の子を抱き上げて言った、「何を待っていますか。呼吸する空気そのものが生命の香気で一杯です。信仰で生命の香気を吸って元気になりなさい。」

21)女の子は信仰によってこの生命の香気を吸って元気になった。

22)人々はこの目前に見聞したことに全くびっくりした。彼らは、「この先生は屹度健康の神様が肉体となったに相違ない」と言った。

23)イエスは言った、「生命の泉は小さな水溜(みずたまり)ではない。天が広いように広いものだ。

24)泉の水は愛である。信仰が力である。生きた信仰によって生きた泉に深くとびこむ者は、身の罪を洗い清めて完全になり、罪から解放されます。」

 

【原文:The Aquarian Gospel of Jesus by Levi H. Dowling  

SECTION VIII

CHETH

Life and Works of Jesus in Persia

 

 

CHAPTER 41

Jesus stands by a healing fountain. Reveals the fact that faith is the potent factor
in healing and many are healed by faith. A little child teaches a great lesson of faith.

A FLOWING spring that people called the Healing Fount was near Persepolis.
2) And all the people thought that at a certain time of the year their deity came down and gave a virtue to the waters of the fount, and that the sick who then would plunge into the fount and wash would be made whole.
3) About the fount a multitude of people were in waiting for the Holy One to come and potentise the waters of the fount.
4) The blind, the lame, the deaf, the dumb, and those obsessed were there.
5) And Jesus, standing in the midst of them, exclaimed,
Behold the spring of life! These waters that will fail are honored as the special blessing of your God.
6) From whence do healing virtues come? Why is your God so partial with his gifts? Why does he bless this spring today, and then tomorrow take his blessings all away?
7) A deity of power could fill these waters full of healing virtue every day.
8) Hear me, you sick, disconsolate: The virtue of this fount is not a special gift of God.
9) Faith is the healing power of every drop of all the waters of this spring.
10) He who believes with all his heart that he will be made whole by washing in this fount will be made whole when he has washed; and he may wash at any time.
11) Let every one who has this faith in God and in himself plunge in these waters now and wash.

12) And many of the people plunged into the crystal fount; and they were healed.
13) And then there was a rush, for all the people were inspired with faith, and each one strove to be among the first to wash, lest all the virtue be absorbed.
14) And Jesus saw a little child, weak, faint and helpless, sitting all alone beyond the surging crowd; and there was none to help her to the fount.
15) And Jesus said,
My little one, why do you sit and wait? Why not arise and hasten to the fount and wash, and be made well?
16) The child replied,
I need not haste; the blessings of my Father in the sky are measured not in tiny cups; they never fail; their virtues are the same for evermore.
17) When these whose faith is weak and must haste to wash for fear their faith will fail, have all been cured, these waters will be just as powerful for me.
18) Then I can go and stay a long, long time within the blessed waters of the spring.
19) And Jesus said,
Behold a master soul! She came to earth to teach to men the power of faith.
20) And then he lifted up the child and said,
Why wait for anything? The very air we breathe is filled with balm of life. Breathe in this balm of life in faith and be made whole.
21) The child breathed in the balm of life in faith, and she was well.
22) The people marveled much at what they heard and saw; they said, This man must surely be the god of health made flesh.
23) And Jesus said,
The fount of life is not a little pool; it is as wide as are the spaces of the heavens.
24) The waters of the fount are love; the potency is faith, and he who plunges deep into the living springs, in living faith, may wash away his guilt and be made whole, and freed from sin.

【続く】


認証コード(5303)

a:725 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional